2006年大会結果

2006年大会結果

グランプリ
増田輝仁
金賞
田村享之、有田王城、坪井吉文、吉川厚史、須田好一
銀賞
清崎雄二郎、山本悠可、田代清美、高橋隆弘、島崎さやか、岡村朗、吉田務、上市真輔、井田達也、大竹延江
銅賞
猪鼻通、中村誠吾、高野勝矢、藤澤倫顕、今井良介、塚田浩司、望月正和、渡仲大輔、太田匡洋、江口明弘、高瀬健一佐藤健太郎、岸本さとし、安井隆充、横山大輔
ベストバーテンダー賞
増田輝仁

グランプリ受賞作品

風琴(オルガン)作者
増田輝仁
作品名
風琴(オルガン)
レシピ
  • サントリー 角瓶 40ml
  • ノールド オレンジビター 10ml
  • マリーブリザール クレーム・ド・カカオ・ブラウン 10ml
創作意図
明治17年、西川寅吉が国産オルガン第一号の制作に成功する。翌年横浜市日の出町に西川風琴(オルガン)製造所を創立しました。
美しい木目と優美な装飾は正に芸術品と呼ぶにふさわしい風格を備え、全国の教会に普及し、キリスト教と西洋音楽が浸透していきました。これは明治・大正・昭和に亘る日本の音楽教育に大きな影響を与えることになっていくのでした。先生の伴奏でクラスで合唱した時のこと、そのノスタルジックな音色は多くの人々の記憶に残っていることでしょう。ここに、日本音楽文化に遺した氏の功績をカクテルで表現し、称えます。「音楽の町 横浜」のone of the episode“純国産第一号 西川オルガン”

フォトギャラリー